英語×プログラミングの第一歩はCode academy(コードアカデミー)がいい。だけど、初心者にはNGな理由。

プログラミング
この記事は約3分で読めます。

最近はプログラミングの学習をする人が増えているようで、まずは独学でという方も多いのではないでしょうか。私もささやかながらブログを書き始めるようになって、基礎的なことぐらいはわかっておいたほうがいいかなと思い、独学で勉強を始めることにしました。

プログラミングを学ぶのには本はもちろん、インターネットでも優良なサイトはたくさんあります。そこで私がたどり着いたのは「Code academy(コードアカデミー)」というサイトです。

かなり本格的で、無料と有料バージョンがありますが、無料でもHTML、CSSなど基本的なことは学習が可能です。

とてもいいサイトだとは思うのですが、今回は、私のような本当のプログラミング初心者にはおすすめできないよという話です。(英語が得意な方は別です)

このサイトは初心者ながら、すごくよくできているなと思って、画面が下の写真のように縦に3段構成になっており、左側にタグの説明とそのタグを使った問題が書かれています。真ん中が作業スペースで、実際に入力して、その問題を解いていくことができます。そして、一番右側は、入力が終わって決定ボタンを押すと、入力したものが実際にどう表示されるか確認することができます。

ふつうは本を見ながら自分で入力したり、インターネットのサイトにしても解説を見ながら別のページを開いて入力しないといけないところを1画面で完結しているので、すごく効率的で、作業しやすいのではないかと思います。

しかし、このサイトのデメリット(人によってはメリット?)は見てのとおり、言語が英語なところです。私はちょうど英語のやり直しを始めたところで、英語の勉強にもなるかなと調子に乗って軽い気持ちで始めてみたのですが、残念ながら、HTMLの項目をすべてやり切る前に挫折してしまいました…。

英語に関しては、グーグルの翻訳機能を使えば意味はわかるのですが、翻訳した状態だと真ん中の作業スペースまで翻訳されてしまって思うように入力ができなくなってしまうので、再び英語に切り替える必要があります。それが手間で、かえって時間がかかってしまいます。

また、各コードの説明はあり、すぐに入力して試すことができるのはいいのですが、このコードをここに入れる意味だとか、構成の仕組みまで詳しく載っているわけではないので、(英語が読めればわかるのかもしれませんが)いまいち理解できず、問題を解いていても、ただ指示どおりに入力しているだけで、本当の理解にはつながっていないなと感じてしまいました。もちろん別に解説ページやQAサイトはあり、それを使えば理解できるかと思うのですが、それも当然英語なので、読み解く自信がなく、挫折するくらいなら別の方法に切り替えたほうがいいなとあきらめました。

英語が得意な人や少しはプログラミングの知識があって、最低限なぜ今これをここに入力しているかがわかっている人にはいいサイトだと思いましたが、私のような本当の初心者&英語が中学レベル以下にはおすすめできないなと思いました。(そもそもそれで始めようと思ったのが問題ですが・・・。)

英語の勉強のためと割り切って、わからない単語を一個一個、辞書を引きながらというのも考えましたが、あまりにも時間がかかるので、やっぱりまずは英語は英語、プログラミングはプログラミングで分けて勉強しようと思います。

ですが、よいサイトだとは思うので、もうちょっとコードや構成が理解でき、英語の勉強も進んだら、ぜひともまたこのサイトに戻ってきたいと思います。それまではよい日本語サイトを見つけて勉強したいと思います。

今気になっているのは、「ドットイストール」と「progate(プロゲート)」というどちらもプログラミング学習者には有名なサイトですが、どちらも使ってみて、そちらの感想もいずれ載せたいと思います。

では、あきらめずに頑張ります。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました